N ART オープン
矢柳	 剛 個展

飛龍に乗って未来へ 油彩 アクリル カンバス 162.0×130.0cm 2021

矢柳	 剛 個展 50年代から新作まで 2021. 11.7(sun)−28 (sun)
NEW ART LAB B1

作家在廊予定日 11月7日(日)・12日(金)・20日(土)・28日(日) 各14:00-17:00


矢柳 剛 (1933-)
 
1957年、ブラジルのサンパウロに渡り、彼の地で様々な芸術活動に従事する。世界各地を旅した後パリへ移住、銅版画の巨匠であるS.W. ヘイターに師事。これまでに第11回サンパウロ・ビエンナーレ(ブラジル、1957)、60年代には複数回読売アンデパンダン展、第2回フレッヒェン国際版画ビエンナーレ(西ドイツ、1972)、第5回英国国際版画ビエンナーレ(1976)などを含む、国際的な場で幾度となく作品を発表。近年はホワイトストーンギャラリー香港・台北・東京にて個展。矢柳剛にとってのアートとは、畏まった空間に鎮座するものではなく、あらゆる生活空間に分け隔てなく在るべきものである。制作の媒体は多岐にわたり、油彩・版画・モザイク画・ステンドグラスからテキスタイル、ファッション・デザインにまで及ぶ。大胆な色面構成、無駄な陰影を排した鮮烈な彩色、明朗なエロティシズムとユーモアで、時代の世相がパズルのように視覚化される。若年期に身体に刻み込まれた豊かなエキゾチズムは、世の中の潮流よりはるか先に、理屈抜きに脱領域を具現していった。
 
作品収蔵:
パリ市立近代美術館、フランス国会図書館(パリ)、サンパウロ美術館(ブラジル)、ロックフェラー財団(ニューヨーク)、ロサンゼルス州立美術館、国立近代美術館(東京・京都)、国立国際美術館(大阪)、北海道立近代美術館、北海道立帯広美術館、原美術館(東京)、目黒区美術館(東京)、栃木県立美術館、池田21世紀美術館(静岡)、など
 
 
Go Yayanagi (1933-)
 
In 1957, Go Yayanagi moves to São Paulo (Brazil) and engages in various creative activities there. Yayanagi travels a lot around the world, then, transfers to Paris where he becomes to study under the copperplate printing’s master, S.W. Hayter. Yayanagi’s works are presented at many exhibitions, among which the 11th São Paulo Biennial (1957) is included. In recent years, solo exhibitions at Whitestone Gallery Hong Kong, Taipei, Tokyo. The Artist considers art as something that should exist in every living space casually rather than something that is prominent displayed ostentatiously. Yayanagi creates works in a wide range of formats, from oil painting, printing, mosaic mural and stained glass, to textile and fashion design. The artist successfully visualizes the social conditions of the time, combining bold composition of color planes, vivid colors produced by removing unnecessary shadows, eroticism presented in a cheerful tone, and his humor, like putting puzzle piece together. The abundant exoticism the artist experienced in his youth embraces him, and that seems to make his art borderless beyond any logic, a long way ahead of the trend of the world.
 
Collections:
Musée d’Art Moderne de Paris (Paris), Bibliothèque nationale de France(Paris),The São Paulo Museum of Art (Brazil), The Rockefeller Foundation (New York), Los Angeles County Museum of Art (California), The National Museum of Modern Art (Tokyo, Kyoto), The National Museum of Art, Osaka, (Japan), Hokkaido Museum of Modern Art (Sapporo, Japan), Hokkaido Obihiro Museum of Art (Japan), Hara Museum of Contemporary Art(Tokyo), Meguro Museum of Art, Tokyo, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts (Japan), Ikeda Museum of 20th Century Art(Shizuoka, Japan), etc.
 
 
矢柳剛(生於1933年)
 
移居巴西聖保羅,並在那裡從事各種創作活動。矢柳剛環遊世界,後來移居到巴黎,在銅版印刷大師S.W.海特的指導下學習。矢柳剛的作品曾在許多展覽中展出,其中包括第十一屆聖保羅雙年展(1957),第二屆弗雷興國際版畫雙年展(1972)和第五屆英國國際版畫雙年展(1976)。藝術家認為藝術是存在於每個生活空間中的事物,而不是顯著突出的事物。 矢柳剛創作了多種形式的作品,從油畫、版畫、馬賽克壁畫和彩色玻璃到建築、紡織品和時裝設計。藝術家成功地可視化了當時的社會狀況,結合了色彩平面的大膽構圖,通過消除不必要的陰影而產生鮮豔的色彩,以愉悅的色調呈現的情色趣味以及他的幽默感,就像將拼圖拼湊在一起。藝術家擁抱他年輕時所經歷的豐富的異國情調,這似乎使他的藝術變得無邊無際,超越了任何理論邏輯,並遙遙領先於世界潮流。
 
公共收藏
巴黎蓬皮杜中心;法國國家圖書館;聖保羅現代藝術博物館;紐約洛克菲勒基金;洛杉磯郡立美術館;國家現代藝術博物館(東京、京都、大阪);枥木縣立美術博物館;東京目黑藝術博物館;北海道現代藝術博物館;北海道帶廣藝術館;東京原美術館;兵庫縣立藝術博物館;池田二十世紀美術館;等等。

N ART
[入場無料]
来場予約不要

 

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-2銀座スイムビル B1
11:00 - 19:00 /定休日:月曜
03-3567-8770


出品作家

NEW ART LAB
[入場無料]
来場予約不要

 

〒104-0061
東京都中央区銀座1-15-2銀座スイムビル 1F
11:00 - 19:00 /定休日:月曜
03-3567-7811

電話をかける